足の体操

現代人の足裏は、生活環境や靴の影響で本来の機能が弱くなりがちです。
足の体操で機能を高めてください。
この体操は、手も同様に動かして行う事で、身体全体に感じ、大きな効果を得られます。

 

グー

足指を曲げて足の甲を引き上げる体操
膝、足首を曲げて行うと有効です。

kenko1

チョキ 1

足の親指を下に下げて、小指側を引き上げる体操
両つま先を外に開き、足首を曲げるとさらに有効です。

kenko2

チョキ 2

足の親指を上にあげて、小指側を下げる体操
両つま先を内側に向けて足首を伸ばすとさらに有効です。

kenko3

パー 1

足の指を全て引き上げて、足裏を張る体操
踵荷重で行うと更に有効です。

kenko4

パー 2

足の指を全て開き、前に向けて押すように足の甲を伸ばす体操
つま先立ちになることでさらに有効です。

kenko5

バランス体操

1 朝の体幹体操

朝の身体は、緩みきっている身体です。
重力に対して対応できる身体にセットする必要があります。

つま先立ち
インソール上で軽くつま先で性質、踵を「トン」と落とします。
数回行うことでどっしりとした体幹と身体の足裏から頭まで、芯が通る感覚を感じられます。

kenko6

2 安定した姿勢での呼吸法

インソールの上で、整った姿勢を作るための呼吸法と体操です。
1の安定した姿勢で鼻から息を吸い、口から息を細く長く吐き出すロングブレスで行います。
4つで吸って、6つで吐きだす要領です。

腹式呼吸法
a へその下あたりで、両手のひらを上に向けて重ね合わせます。
(座禅のような状態をイメージしてください)
b 両肩を上げないように息を吸いながら、両手を胸まで引き上げます。
(胸に沢山空気を溜めて、おなかを凹ませる)
c 息をとめた状態で、両手を身体の横まで開き、両肩甲骨を十分によせるように肩を開く。
d 両手のひらを下に向けて返して、足に向けて押し下げながら、口からゆっくりと息を吐き続ける

(お腹をさらに凹ませる様にすると高い効果が得られます)
e aに戻り、体操と腹式呼吸を繰り返します。

kenko7

印刷はこちら