Concept

姿勢保持理論

理論の紹介 各シリーズ紹介

理論の紹介

Technology

足裏の三点バランスが、二足歩行を可能にした

  • かつてヒトは、四足歩行をしていました。二足歩行が可能になったのは、片足立ちができるようになったからです。
    デコボコな地面の上でも三脚がカメラをしっかり安定させるように、足裏の三支点(拇趾球、小趾球、かかと)でバランスを取り、足首をしっかり支えられるようになることで、「ヒト」は二本足で歩く「人」になったのです。

腰痛も膝痛も。痛みの原因は、体のゆがみ

  • しかし、二本足で立つようになって、人と重力との戦いが始まりました。人は生まれつき、骨格に大なり小なりゆがみを抱えています。遺伝だけでなく、身体的な癖やストレス、生活習慣や環境など、様々な要素がゆがみに影響します。ゆがんだ体の重心がズレているのに対し、地球の重力は体の真上からまっすぐ垂直方向にかかってきます。筋力によって体を支えられるうちはよいのですが、疲労や加齢などによって筋力が低下すると、ゆがみはさらに進行し、腰痛や膝痛、筋肉痛をはじめ、多くの障害が発生しやすくなってしまいます。
  • ゆがんだ体

体は、まっすぐな安定姿勢を求めている 姿勢保持理論

  • 体の土台である足裏に高さ調整を施し、三支点による保持力を活性化することで、立ち姿勢での骨盤位置が安定します。同様に、座っているときも骨盤の傾きを調整して、その位置を安定させると、無理な力をかけずに垂直方向に姿勢を保つことができます。
    「立っているときも、座っているときも、骨盤位置が正しく安定していれば、無理・無駄な力をかけなくとも体は楽に垂直方向に保持される」。これが、BALANCE工房の提唱する姿勢保持理論です。
  • 骨盤位置が安定したまっすぐな体
立位立位の姿勢を、まっすぐに

無理なく楽に良い姿勢で、パワー全開! 三点バランス保持理論とは

  • 体のゆがみを除き、楽にバランスを取るためには、体の重心軸と地球の重力軸ができるだけ重なるよう、姿勢を調整することが大切です。足裏の三支点でバランスを取って立つと土台がしっかりし、体の重心軸は地球の重力軸と重なり合って、常にその軸の中心にいようとする動きが生まれてきます。斜めに傾いた棒よりも、まっすぐ立った棒を支える方が楽なのと同様、少ない力でバランスが保てるからです。続けるうちに、自然とゆがみの少ない美しい身体バランスに整っていきます。それだけではありません。身体バランスが整っていくと、自分の持つパワーやスピード、瞬発力等が最大限に発揮でき、体そのものが健康になっていきます。

    「足裏の三支点で足もとの土台をしっかり安定させることで、無意識に垂直方向への姿勢を保持させる」。これが、姿勢保持理論のもととなった三点バランス保持理論です。
座位座位の姿勢を、まっすぐに

無意識のうちに、体が求める安定姿勢 座位理論とは

  • 重力にさからわず垂直方向に姿勢を保つ方が良いのは、座っている時も同じです。
    足の骨の長さや骨盤の大きさの左右差、重心軸のぶれなどにより、座っているときの骨盤も不安定に傾いています。その際、上体は骨盤の高い方に向かって湾曲します。骨盤の傾きやねじれが強いと、胸椎上部にまでゆがみが影響する場合もあります。
    長時間、座り続けているとき、なんとなく片方の手を腿の下に差し込んでいることがあります。これは正に、無意識のうちに体がゆがみを調整し、疲れや痛みを緩和させようとしているからだと思われます。この何気ない仕草をヒントに、「座っているときも骨盤位置が安定すれば、無理・無駄な力をかけなくとも、体は楽に垂直方向に保持される」という座位理論が生まれました。

より理論を詳しくお知りになりたい方は開発者のページへ 株式会社HBBT   http://hbbt.jp/

各シリーズ紹介

Our Products

  • 足もとからのバランストレーニングと健康増進に B-TRビートレシリーズ

    女性の足のストレス軽減に STREストレシリーズ

    疲れや痛みを座り姿勢から考える、坐骨調整シート 楽座衛門シリーズ

一生歩き続けるために B-TRビートレシリーズ、STREストレシリーズ

  • ●身体バランスも、健康も、足から始まる
    一般的な靴やインソールには、足裏の隙間を埋めたり包み込んだりするタイプのものが多く見受けられます。
    しかし、足裏のアーチは、埋められてしまうと上下運動ができなくなり、クッション機能やバネ効果、ポンプ機能などを存分に発揮できなくなってしまいます。それどころか、健康にまで影響を及ぼしていく恐れがあります。

    ●バランストレーニングと健康増進に、B-TRシリーズ
     女性の足のストレス軽減に、STREシリーズ

    B-TRとSTREは、三点バランス保持理論に基づき開発されました。足裏の三支点(拇趾球・小趾球・かかと)の位置を高くし、足裏から体の土台をつくって足首を支え、身体バランスの要となる骨盤を安定させます。すると、上体まで自然とまっすぐ姿勢が整います。また、足裏にできる隙間が3つのアーチの働きを活性化。体が持つ運動能力や美しさを引き出し、健康づくりをサポートします。一生、自分の足で歩き続けることができる健康な体づくりのために、ぜひ、B-TRシリーズ、STREシリーズで足裏から体の土台をつくり、アーチの働きを活性化させてください。
  • ●ここが違う! B-TRシリーズ、STREシリーズの特長
    ・三点支持でバランス保持力UP
    足裏の三支点(拇趾球・小趾球・かかと)を高くすることで支点保持力を高め、足部を安定させます。それにより、骨盤位置が正しく調整されます。
    ・3つのアーチ機能を活性化
    足裏の三支点を高くするとアーチの上下運動が活性化。すると、下記のような様々な機能が活性化し、運動能力や健康な体づくりをサポートします。

※効果の感じ方には個人差があります。

検証データ

  • 1.循環効果アップ! サーモグラフィによる検証
    B-TRシリーズを使用しないときと使用したときの、足の表面温度を測定。使用したときは足裏のアーチの活性化により循環効果が促進され、表面温度が上がっていることが確認できます。STREシリーズでも同様の結果が得られます。
一般的な靴で、10分歩行後。
B-TRシリーズを使用し、10分歩行後。
足の表面温度が上がっている。
 
  • 2.骨盤の向きと位置に注目! 足圧分散測定による検証
    B-TRシリーズを装着する前と装着した後の足圧を測定。装着後は足裏のバランスが整ったことが確認できます。また、赤い線は骨盤の向きと位置を示しており、姿勢の変化が認められます。STREシリーズでも同様の結果が得られます。
B-TRシリーズを装着する前。
B-TRシリーズを装着した後。
足圧のバランスが整い、骨盤の位置と向きもほぼまっすぐに変化している。

座っているときの体の傾きを調整し、骨盤を安定化 楽座衛門シリーズ

  • 座っているときの腰への負担は、立っているときの4割増しといわれます。姿勢が悪かったり体が傾いていると、その負担が一方の腰や肩など一部に集中したり、全体的な疲れとなって現れます。
    骨盤の左右(前後)の位置が整いバランスが安定すると、頭の重みも楽に支えらるように。長時間座っていても疲れにくく、肩こりや足腰の痛み、むくみや冷えなどの緩和が期待できます。

●腰と体にやさしい! 楽座衛門の特長

・長時間の座位姿勢でも疲れない
・骨盤が安定し、上半身がまっすぐに
・体の左右バランスが整い、足を組まなくなる
 

●こんな方に

・長時間デスクワークをされる方に
・映画・演劇鑑賞、スポーツ観戦などがお好きな方に
・飛行機、新幹線、バスなどで長時間移動される方に
・長時間、運転されるドライバーの方に

※効果の感じ方には個人差があります。

検証データ

  • 一瞬で姿勢バランス良く! 体圧分散測定による検証
楽座衛門なし
左側の坐骨への負担が強く、位置も前に出ています。そのため、体が右に傾いています。
楽座衛門を使用(右側の厚みを補強)
左側の坐骨への負担が軽減され、体圧が均等に分散されています。坐骨の位置が後ろに移動したため、骨盤が起き、体のゆがみも調整されています。

初代楽座衛門

  • 初代楽座衛門姿勢の専門家もおすすめ
  • ¥ 13,000(税別)

骨盤の微妙な傾きに対応し、姿勢をまっすぐ安定化
初代楽座衛門は、前後左右の高低差を8つのパターンから選ぶことができます。骨盤の斜め方向の傾きや左右への回旋にまで対応し、長時間座っていても楽にまっすぐ安定した姿勢をもたらします。根本的な姿勢改善に役立ちます。
●8パターンの骨盤位置の調整が可能
●多くの治療家の先生方もおすすめ
●カバーは洗濯可能

二代目楽座衛門

  • 二代目楽座衛門汎用タイプ
  • ¥ 14,000(税別)

あなたの“ベストポジション”が簡単に見つかる
二代目楽座衛門は、置き方の向きを変えるだけで前後左右のいずれかを高くでき、あなたにぴったりのポジションを簡単に見つけることができます。介護用ベッドにも使用される素材ですので、軽くて通気性が良く、耐久性にも優れています。
●前後左右、4パターンの骨盤位置の調整が可能
●二つ折りできて、携帯にも便利
●洗濯できる替えカバー付き