第2回 O脚の原因と改善

 

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s

一般的にO脚の改善は、整体院やエステでO脚矯正とか治療と称して行う、脚部を固定させた矯正や脚部の筋緊張による膝の内側への絞り込みによる改善などがあると思います。

元々、遺伝により骨格が形成されたもので、特にO脚は脛骨下部の骨の曲がりによるものが大半である為に、O脚の解決は、手術でもしない限り真直ぐにすることはできません。
更に良く勘違いされているのは、外股によるガニ股姿勢とか、脚部の伸展筋の緩みにより膝が斜め前方向に抜けた弛緩姿勢との勘違いです。

また内股のO脚も外股のO脚と同様に足関節や膝関節に負担の多い脚部形状です。
つま先の内向きや外向き、骨盤の前後傾の状況と脚部のO脚度合いの組み合わせにより、ストレスが掛かる部位や外見のスタイルに変化が現れます。

単純に緩んだものであれば、筋緊張により伸展させて膝を開かないようにキープすれば解決します。外股によるO脚は骨盤の後傾と骨盤を後ろに戻すことで、ある程度解決します。
しかし、注意しなければならない事は、脚部を真直ぐにさせようとする固定技術や施術は、根本的な解決ではない為に、何れ、膝関節への負担となって現れるものと思っています。

ではどのようにストレートな脚部に見えるようにすれば良いのでしょう
答えは、曲がった骨格を真直ぐにすることはできませんが、真直ぐに見える様にすることは
できます。
骨盤の前後位置や前後傾の角度を適正位置に整えて、歩行時に膝が体の真直ぐ前に移動できる骨盤位置に整えます。次に、歩行時の歩行スタンスを脚部のO脚度合いに合わせてスタンスを拡げることで、股関節から膝関節、足関節のラインを作ることができます。

最後に大切になるのは歩き方です。歩行時に綺麗な脚部のラインと歩行姿勢を作る為には、
足部前側からの着地です。ベタ足でも良いのですが、できる限り前側から着地する事で、脚部の伸展筋や姿勢保持筋が使われて、脚部が伸ばされると共に姿勢が安定して、綺麗な歩行が完成します。

踵からの着地や大股での歩行は、足部や脚部の障害を引き起こすばかりか、第二の心臓と言われている下肢の運動を妨げてしまうことから循環器の働きまで悪影響を及ぼしてしまいます。人間は素足の時には、足部の前側からの着地で歩いています。靴を履いていてもその歩行に近い状態で歩くことにより、人間らしい機能を十分に働かせることができます。

B-TRは人間の素足感覚を高めると共に、緩んだ体に張りを持たせて、綺麗な歩行姿勢を築いてくれます。