第11回 あなたの身体は左右どちらを向いていますか

 

db74ce13a59ee1f6a2745b4777987faa_s

どなたでも真っ直ぐ前を向いていると思っている身体ですが、多少は左右どちらかに向いています、それは、足部のアーチを築いている内外の靭帯が弱ると、足裏から骨盤の向きが誘導されて左右のどちらかに向いてしまうからです。

自然に立っていると自身の身体の向きを正面に向ける為に、足の向きが変化した状態で立っているのが普通です。足の向きを真直ぐ前に向けて、左右の足を平行に揃えると、骨盤や上体が自分自身の足部に誘導されてどちらかを向いてしまいます。
足の向きと腰や上体の向きの関係は、個々の足部の状況によって多少のずれがあり、上体を真っ直ぐ前に向けると足は違和感の少ない方向に向いてしまい、足が真っ直ぐ前を向くと、腰や上体はどちらかに向き変えるという事です。

元々の遺伝による骨格がベースにあるのですが、長時間片側方向に回旋した姿勢で、仕事や
運動を行うと関節の可動範囲の変化と慢性的な回旋姿勢による靭帯や腱の回旋方向への定着から、常に偏った方向に向いた姿勢となる場合もあります。

身体の回旋は、回りやすい方は良いのですが、回り辛いほうで、筋肉痛や関節痛などの障害が起こりやすく、日頃からその方向への回旋運動を柔軟にする為の意識が必要なのですが、
単純な腰や上体のストレッチではなく、足裏の靭帯からの回旋トレーニングが必要です。

足裏の靭帯は体の姿勢保持筋と繋がっている関係から弱った足裏の靭帯を活性させることで、足首を安定させて、骨盤の位置や向きを正しい向きに誘導することが出来ます。
いつまでも自分の力で歩き、綺麗な姿勢を維持させるには、足元からの姿勢管理が必要です。

B-TRは、使用しているだけでも足部の安定と足元からの姿勢づくりを助けてくれます。
是非とも、B-TRと共に楽しく生き生きとした生涯を送ってください。