第3回 実は間違えている本当の歩き方

 

b4c48761e8a207d5ed54c207d55466c5_s

皆さんが、テレビの番組中やスポーツ店、靴屋などで指導される歩き方とは、姿勢を正して、足を前に振り出した大股で踵から着地して歩くのが良い歩き方ですと聞かされていないでしょうか?
この歩き方は、靴の構造上の硬さや必要以上の締め付けが原因で足が持ち上がりづらいために起こる歩き方で、人間本来の歩き方ではありません。

この歩き方では、靴の片減りは勿論、膝関節痛や腰痛、身体の歪みの要因にもなる歩き方なのです。

この歩き方を進めているのは、その様に足を降り出してしか歩けない構造だからなのです。

だから、代謝効果が高いとか、運動になるとかと宣伝していますが、ダメな構造に付けたまやかしに過ぎません。
この様な靴を使用して、踵から歩いていると、様々な痛みは勿論の事、やがて膝が緩んだ状態になり、猫背や身体のゆがみが進行してきます。

第二の心臓と言われている足元が動かなくなる為に、心肺機能や血流障害などの病気を誘発する場合もあります。

人間の本来の歩き方は、素足で歩くと解り易いのですが、つま先側から着地して、踵が着き、重心が足を通り越して歩く歩き方が本来の歩き方なのです。
歩き方のイメージとしては、社交ダンスや新体操などの選手が歩いている歩き方に似ています。

重心が移動することで、常に前にある足に上から重さが掛って綺麗に足も伸びて歩いています。
大股ではなく、つま先側から着地して、ご自身の重心が前に進む感覚で歩く事です。この歩き方は、しっかり蹴る事ができるので、反動で膝は軽く上に持ち上げられる歩き方になります。

この歩き方は、足を伸ばす筋力を使っている事から膝関節の揺れや痛みの改善にとても有効です。

また、足首の踏みけり運動を使う事から、循環促進効果が高まり、血行障害の改善や治癒効果なども期待できます。